スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CBR400Fのドライブスプロケットの後ろのカウンターシャフトのオイルシールをエンジンを下さず、割らずに交換する方法




どんなバイクでもそうですが、年月の経過とともにいろんなところからオイルが漏れてきます。

オイル漏れで多いのが、

①カウンターシャフトなどの回転部分のシール

②オイルラインのジョイント部

③シリンダーヘッドガスケット

④シリンダーベースガスケット

⑤クランクケース接合部



①のオイル漏れは比較的早い段階で起こり、どんどんひどくなってきます。

なので、大概の場合、交換しやすいような設計になっていますが、エンジン内の内圧が上がった時にオイルシールが簡単に抜けてしまってはいけないため、クランクケースを分解しないと交換できない構造のものもたくさんあります。

CBR400Fのカウンターシャフトオイルシールは幸いにも、クランクケースを割らなくても、エンジンを車体から下さなくても交換が可能です。

ただし、その方法はサービスマニュアルには記載されていませんのでここで紹介します。
(サービスマニュアルではカウンターシャフトオイルシールの交換は、エンジンを下ろしてトランスミッションを分解する過程の一部で紹介されています。)



※ 車体を大きく右側に倒せばエンジンオイルを抜かなくても作業ができますが、とっても危険なので、エンジンオイルを抜いて作業することを強くオススメします。



ドライブスプロケットカバーを外します。
CBR400Fのドライブスプロケットの後ろのカウンターシャフトのオイルシールをエンジンを下さず、割らずに交換する方法



チェーンとスプロケットを外して汚れを落とします。

CBR400Fのドライブスプロケットの後ろのカウンターシャフトのオイルシールをエンジンを下さず、割らずに交換する方法



ケースプロテクターを外し、上部の穴に長めのM6のボルトを穴の中にあるロックピンに突っ込んでねじ込みます。(次の写真参照)
CBR400Fのドライブスプロケットの後ろのカウンターシャフトのオイルシールをエンジンを下さず、割らずに交換する方法



ロックピンにボルトが刺さったら、上方向に引っこ抜きます。このロックピンは刺さっているだけなので上方に向かって引っ張り上げるだけで抜けます。
CBR400Fのドライブスプロケットの後ろのカウンターシャフトのオイルシールをエンジンを下さず、割らずに交換する方法

抜けました。


次に、ベアリングホルダーを引き抜きます。

この時、ベアリングホルダーだけを引き抜くことはできませんので、カウンターシャフトごと引き抜きます。

写真のように、スプロケットを取り付けてカウンターシャフトを引き抜くとやり易いです。

ある程度まで抜けてきたらスプロケットを外してベアリングホルダーを外してください。

CBR400Fのドライブスプロケットの後ろのカウンターシャフトのオイルシールをエンジンを下さず、割らずに交換する方法



抜けました。汚れはきれいに取りましょう。
CBR400Fのドライブスプロケットの後ろのカウンターシャフトのオイルシールをエンジンを下さず、割らずに交換する方法



カウンターシャフトのオイルシールリップ面が若干磨耗していますがこれくらいなら許容範囲です。
ここの磨耗がひどい場合や、傷がある場合はカウンターシャフトの交換が必要です。
CBR400Fのドライブスプロケットの後ろのカウンターシャフトのオイルシールをエンジンを下さず、割らずに交換する方法




古いオイルシールを外側から内向きに抜きます。
CBR400Fのドライブスプロケットの後ろのカウンターシャフトのオイルシールをエンジンを下さず、割らずに交換する方法




きれいに掃除して新しいオイルシールを挿入します。
オイルシールには表裏があるので間違えないように注意が必要です。
CBR400Fのドライブスプロケットの後ろのカウンターシャフトのオイルシールをエンジンを下さず、割らずに交換する方法

オイルシールリップにエンジンオイルを塗ります。


ベアリングホルダーのOリングも交換して、逆の手順で組んでいきます。
CBR400Fのドライブスプロケットの後ろのカウンターシャフトのオイルシールをエンジンを下さず、割らずに交換する方法



ベアリングホルダーの矢印マークを上向きにして、確実にロックピンを差し込んでください。


元どおり組み立てて完成。




もっと役に立つ記事を書いて欲しいと思った人はこちらをクリックしてください。

バイク(整備・修理) ブログランキングへ









関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

爆音さん

Author:爆音さん
整備やカスタムについて共有しましょう。
現在行っているものや、整備学校時代に撮った写真を使って記事を書きたいと思います。
ハーレーに限らず、バイクを分解整備する時に是非使って頂きたいのが、適切な工具とメーカー発行のサービスマニュアルです。
マニュアルには分解手順、注意点、締め付けトルク、組み立て手順が記されています。
特に、ハーレーのマニュアルはその順序が事細かにかかれていると思います。しかし、日本語のサービスマニュアルがあまり出回っていないのも事実。
ほんの少し、分解整備の手伝いになればと思います。
分解整備は個人の責任に於いて行ってください。

リンク
www.backon.jp
最新記事
カテゴリ
広告
P.R.
月別アーカイブ
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。