ハーレー FXST EVO トランスミッションの分解手順⑦トランスミッションの組み立て・仕上げ

この記事は ハーレー FXST EVO トランスミッションの分解手順 ⑥組み立てようの続きです。
この記事からご覧になられている方はハーレー FXST EVO トランスミッションの分解手順 ① からスタートしてください。



ここまでくれば完成は目の前です。

ここで慌ててフタを閉める前にもう少しだけ手間をかけます。



確認のため少し戻りますが、3つあるシフターフォークは形が似ていますので順番と向きがわからなくなりがちです。

分解時にオイルをきれいに拭き取り、油性ペン等で順番を書き込んでおくと組立て時に分からなくならずにすみます。

DSCF2668_convert_20121004120456.jpg


ギアとシフターフォークをニュートラルの位置(メインシャフトのプーリーが回る状態)にセットし、シフターカムを組み付けます。

もちろん、フォークのピンがシフターカムの溝にハマるように組みます。

DSCF2674_convert_20121004120735.jpg

シフターカムのセンターを測定DSCF2678_convert_20121004120904.jpg

3速の状態ワッシャーからカムの真ん中の溝までを測ります。
測定にはノギスを使用します。
例えばこんなの。

デジタルノギス 0.01-150mm (デジタルスケール・電子定規)mm/inch切替付き


ESCO エスコ /150mmデジタルノギス

ESCO エスコ /150mmデジタルノギス


スペックは1.992”~2.002”

シフターカムのエンドプレイ測定DSCF2679_convert_20121004120931.jpg

外側のワッシャーとブリッジの隙間を計ります。シフターカムの横向きの遊び幅を測定する訳です。
計測にはシックネスゲージを使用します。

例えばこんなの。

(STRAIGHT/ストレート) シックネスゲージ(インチ) 16-850


SANKEN サンケン/インチサイズシックネスゲージ

SANKEN サンケン/インチサイズシックネスゲージ


0.001”~0.004”がスペック



カムのピンがパウルの爪と爪の間の真ん中に来ているか確認します。
DSCF2680_convert_20121004121049.jpg

シフトアップはスムーズなのにシフトダウンはなぜかスムーズじゃない。また、その逆の場合、ここの調整がきちんと出ていない事が多いです。
ニュートラルに入り難い現象の原因もここの場合があります。
パウルの位置調整は横のネジを回して行えます。

カバーを元に戻します。
サイドカバーを外す

ガスケットをお忘れなく。




トランスミッションの分解、組立てを簡単に紹介しました。
作業に入る前に予め大まかな流れのイメージをつかむのにお役立てください。



バイク(整備・修理) ブログランキングへ


バイク用品&インプレッションウェビック







関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

爆音さん

Author:爆音さん
整備やカスタムについて共有しましょう。
現在行っているものや、整備学校時代に撮った写真を使って記事を書きたいと思います。
ハーレーに限らず、バイクを分解整備する時に是非使って頂きたいのが、適切な工具とメーカー発行のサービスマニュアルです。
マニュアルには分解手順、注意点、締め付けトルク、組み立て手順が記されています。
特に、ハーレーのマニュアルはその順序が事細かにかかれていると思います。しかし、日本語のサービスマニュアルがあまり出回っていないのも事実。
ほんの少し、分解整備の手伝いになればと思います。
分解整備は個人の責任に於いて行ってください。

リンク
www.backon.jp
最新記事
カテゴリ
広告
P.R.
月別アーカイブ
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR