SA24J(SA16J) ベーシックジョグにシグナス125のスピードメーターパネルを移植しよう!!

前回の記事( BasicJOG SA24J ベーシックジョグのマフラーとエアクリを交換したら走らなくなった。)でお知らせしたように生まれ変わったBJはメーターを振り切ってしまいます。

なぜなら、ノーマルメーターは60km/hまでしか表示がないからです。

SA16J SA24J スピードメーターパネル


実は同じYAMAHAのシグナス125のスピードメーターはBJと同じサイズで100km/h表示です。

メーターの作動誤差も許容範囲で、インジケーターの配線以外はポン付けできます。

メーター交換のために、フロントカウル、ライトカバーを外します。
ロングドライバーがあればメーターカバーは外さなくてもメーターを外せますが、ない場合はメーターカバーを外すと良いです。

メーターカバーを外すのにミラーを外さないといけませんが、YAMAHAは右側のミラーのネジが逆ネジになっているので注意です。

SA16J SA24J シグナス125 スピードメーターパネル


この状態でメーターを取り外します。
SA16J SA24J シグナス125 スピードメーターパネル


並べてみると大きさ等が同じなのがわかると思います。
流用で100km/hメーターに変身するわけなのですが、インジケーターを少しいじらないといけません。
SA16J SA24J シグナス125 スピードメーターパネル


BJのメーターパネルについている速度警告灯は不要になりますので、シグナス125メーターのウインカーインジケーターをそのまま使うことにします。
ただし、ウインカーインジケーターの配線をコネクターから引き抜いて、ホーン近くにあるウインカーリレーの両端子にそれぞれ接続します

そのままでは届かないので延長してください。

BJのメーターパネルについていたOILインジケーターも引っこ抜いてシグナス125のメーターパネルにはめ込みます。
コネクターは元の位置と同じ位置に差し込みます。

SA16J SA24J シグナス125 スピードメーターパネル



あとは元に戻してこの通り!!

100km/hメーター搭載のBJの完成です。
SA16J SA24J シグナス125 スピードメーターパネル



CDI交換、マフラー交換、エアクリ交換、キャブセッティングで90km/hは出てました。

まだもう少し伸びそうです。

駆動系を変更すればもっと出るでしょうね。




出す時ないと思うけど(・∀・)



もっと役に立つ記事を書いて欲しいと思った人はこちらをクリックしてください。

バイク(整備・修理) ブログランキングへ









関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

縺ッ縺倥a縺セ縺励※縲ゆサ郭a24j繧偵>縺倥▲縺ヲ縺?k縺ョ縺ァ蜿り??↓縺ェ繧翫∪縺吶?ゅΓ繝シ繧ソ繝シ縺ョ繧ウ繝阪け繧ソ縺九i繧ア繝シ繝悶Ν縺梧栢縺代↑縺上※蝗ー縺」縺ヲ縺?k縺ョ縺ァ縺吶′縲∽ス輔°繧ウ繝?→縺九≠繧九s縺ァ縺励g縺?°?溽イセ蟇??繧、繝翫せ繝峨Λ繧、繝舌?縺ァ繝?Γ蛛エ縺九i螂・縺ォ蜈・繧後※繧?▲縺ヲ繧九s縺ァ縺吶′繝サ繝サ繝サ
プロフィール

爆音さん

Author:爆音さん
整備やカスタムについて共有しましょう。
現在行っているものや、整備学校時代に撮った写真を使って記事を書きたいと思います。
ハーレーに限らず、バイクを分解整備する時に是非使って頂きたいのが、適切な工具とメーカー発行のサービスマニュアルです。
マニュアルには分解手順、注意点、締め付けトルク、組み立て手順が記されています。
特に、ハーレーのマニュアルはその順序が事細かにかかれていると思います。しかし、日本語のサービスマニュアルがあまり出回っていないのも事実。
ほんの少し、分解整備の手伝いになればと思います。
分解整備は個人の責任に於いて行ってください。

リンク
www.backon.jp
最新記事
カテゴリ
広告
P.R.
月別アーカイブ
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR