BasicJOG SA24J ベーシックジョグのマフラーとエアクリを交換したら走らなくなった。

この記事ではYAMAHA BASIC JOG SA24Jのライトカスタムについて簡単に書きます。
作業方法については書きませんが、交換やセッティング時の参考になればと思います。


ある日当店に一通のお問い合わせメールが来ました。

「SA24Jに適合するマフラーを探しているのですが、ご存知ないですか?」

このような内容のものでした。

確かに、SA16J用というものは出回っていますが、SA24J用というものはお目にかかれません。

速攻で結論を言いますと、

SA24JにSA16J用のマフラーは適合します。

2ストのYAMAHA JOGシリーズは形状がほぼどれも一緒なので大概適合します。
また、最悪の場合でも少しの加工で取り付けが可能です。


これにより、お客様ご自身がインターネットで注文され、当店にマフラーを持ち込まれました。

IMG_2571.jpg


今回はお客様ご自身で購入され持ち込まれたのですが、おそらくこれと同じものではないでしょうか。




同時にCDIとエアクリも交換です。

今回使用した商品はこちら。

CDIは定番中の定番。まちがいないです。



エアクリがカウルの下にあるので90度折れ曲がったタイプのパワフィルを選択します。



CDIはフロントカウルを外せば簡単に交換できます。
パワフィルの口径は35mmで少しキツく、取り付けが多少困難です。

IMG_2570.jpg


このJOGに使われているキャブレターはエアクリからの負圧が多少関係しているようなので、新たに装着するパワフィルにもバイパスを作りました。

IMG_2592.jpg

IMG_2649.jpg


カウルを付けるとこんな感じになるので、雨の心配はなさそうです。
IMG_2658.jpg




さて、単純にマフラーを交換して、CDIを交換して、エアクリをパワフィルに交換して、

この状態で走るわけがありません。

バランスのとれたノーマルセッティングを崩しているのですから、キャブレターのセッティングは必須です。



CDIは良いとして、


このマフラーはバックプレッシャーが弱く(ほぼない)抜けが良すぎて、トルクが全然ありません!!

さらに、パワフィルにしたことで吸入時の負圧不足でキャブレターがガソリンを吸い上げません!!

遅い、どころか走り出すこともできません。


完全に街乗りには不向きなブン回し仕様にするしかないですね!!


キャブレターのセッティングはこれ!というものはないですが、これから自分でやってみようかな?という方のために、参考になるように今回のセッティングを掲載します。


ズバリ!!


MJ #100
PJ #52
エアスクリュー 1-1/4戻し



です。






もう一度言います。

完全に街乗りには不向きなブン回し仕様です!!

メーター振り切ってからが勝負です。

IMG_2655.jpg



街乗り重視の方はノーマルでお乗りください。




もっと役に立つ記事を書いて欲しいと思った人はこちらをクリックしてください。

バイク(整備・修理) ブログランキングへ









関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

質問です

CDIのみ交換だとセッティングはしなくても良いのでしょうか?
CDIのみ交換はスピードは変わりますか?

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

爆音さん

Author:爆音さん
整備やカスタムについて共有しましょう。
現在行っているものや、整備学校時代に撮った写真を使って記事を書きたいと思います。
ハーレーに限らず、バイクを分解整備する時に是非使って頂きたいのが、適切な工具とメーカー発行のサービスマニュアルです。
マニュアルには分解手順、注意点、締め付けトルク、組み立て手順が記されています。
特に、ハーレーのマニュアルはその順序が事細かにかかれていると思います。しかし、日本語のサービスマニュアルがあまり出回っていないのも事実。
ほんの少し、分解整備の手伝いになればと思います。
分解整備は個人の責任に於いて行ってください。

リンク
www.backon.jp
最新記事
カテゴリ
広告
P.R.
月別アーカイブ
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR