ローダウンしたオープンプライマリー車両の問題を解決する便利なパーツ

ノーマルのハーレーはプライマリーカバーの中にオイルが入った湿式クラッチですが、プライマリーカバーを取っ払い、ドライクラッチ仕様にし、チェーンをベルトに変更する、”オープンベルト”プライマリーもハーレーカスタムの定番としてたくさんの方々が採用されていると思います。



本来はドラッグレースなど、耐久性よりも整備性と作動性を重視するシーンで仕様されていたものですが、見た目のかっこよさと、部品の耐久性が上がったことで一気に定番化しました。


ベルトキットも様々なメーカーが様々なタイプのものを販売しているので用途に応じて選ぶことが可能です。


オープンベルトキットへの換装は少し難しいのでショップに頼まれる方が大半だと思いますが、予備知識として知っておいても損はないと思いますので、

今回は周辺パーツについて紹介したいと思います。



Ultima Open Belt Kit



ショベルやエボソフテイルなどのキックスタンドはこんな形のものが仕様されていると思います。

ノーマルスタンド


実はノーマルのままだと、大半の場合プライマリーカバーがなくなるとキックスタンドはベルトに接触してしまうのです!!
これではダメです!!

オープンベルトにスタンドがあたる



キックスタンドストッパー


そこで、この部品をこれに交換してしまいます。


ガッツクローム/アジャスタブル キックスタンドストッパー

ガッツクローム/アジャスタブル キックスタンドストッパー 汎用



スタンドの戻り量を調整できます。
アジャスタブルキックスタンドストッパー

アジャスタブルキックスタンドストッパー

アジャスタブルキックスタンドストッパー


これでキックスタンドがベルトに当たってベルトが損傷するリスクを回避できます。
高くないし、交換もとても簡単なのでオープンベルトの方は是非試してみてください。





おまけ


ローダウンするとスタンドをショートスタンドに交換しないと車体の傾斜角が浅くなってしまって、バイクが倒れやすくなります。

しかし、近年このタイプのキックスタンドは採用されていないので新品のショートスタンドを探すのも大変です。
また、オークションなどで中古品を探していても、そもそも数が少ないのもありますが、形がよく似ていても車種によって長さやスプリングをかけるフックの位置が違ったりして、求めているものに遭遇できるのは本当に稀です。

短くカットして溶接して再メッキして・・・・とやってると、スタンド一本が高級品になります!!



そんなときに便利なパーツがあります。



ガッツクローム/プロワン スタンドアングルプレート

ガッツクローム/プロワン スタンドアングルプレート SOFTAIL



これを挟むだけでスタンドに角度がつくのでローダウン車両でも従来のスタンドが使用できます。
上記の
ガッツクローム/アジャスタブル キックスタンドストッパー 汎用
と併用するとなお良い感じです( ´ ▽ ` )



もっと役に立つ記事を書いて欲しいと思った人はこちらをクリックしてください。

バイク(整備・修理) ブログランキングへ









関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

爆音さん

Author:爆音さん
整備やカスタムについて共有しましょう。
現在行っているものや、整備学校時代に撮った写真を使って記事を書きたいと思います。
ハーレーに限らず、バイクを分解整備する時に是非使って頂きたいのが、適切な工具とメーカー発行のサービスマニュアルです。
マニュアルには分解手順、注意点、締め付けトルク、組み立て手順が記されています。
特に、ハーレーのマニュアルはその順序が事細かにかかれていると思います。しかし、日本語のサービスマニュアルがあまり出回っていないのも事実。
ほんの少し、分解整備の手伝いになればと思います。
分解整備は個人の責任に於いて行ってください。

リンク
www.backon.jp
最新記事
カテゴリ
広告
P.R.
月別アーカイブ
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR