最適なジェットは何番か?CVキャブのジェットを交換してみよう!!ハーレー ダイナ編

エアクリーナーやマフラーなどの吸排気部分を交換すると必ず必要なのが燃調です。

燃調とは、ガソリンと空気のバランスを調整するとこで、燃調はパワー、加速、燃費、環境への配慮などに直接的に影響します。

この記事ではCVキャブの大まかなジェット交換の流れを主体に進めます。
詳しく知りたい方はサービスマニュアルを参考にしてください。m(_ _)m


よっぽど変わったことをしたりシビアにセッティグしないのであれば、CVキャブの場合、パイロットスクリュー、スロージェット、メインジェットの調整で大丈夫です。
IMG_1691_20160105170731211.jpg



スロットルに目盛りを書きます。スロットルが全閉の位置を0(ゼロ)とし、前回をF(Full)、間をとって、1/2、1/4を書き込みます。
IMG_1685.jpg



パイロットスクリューの調整と、この目盛りとプラグの焼け具合、排気ガスの色や匂いなどから判断し、燃調します。
※今回は詳しいセッティング方法は省略します。
詳しく知りたい方は是非お越しください。
IMG_1686.jpg



何はともあれ、最初についてたメインジェットは#190
IMG_1693.jpg



ジェット類の交換はキャブのフロートボウルを開けますので、もちろんエアクリを外した状態で作業します。
IMG_1688.jpg



フロートボウルが外れて、ジェットが見えるようになったCVキャブレター。
これでジェットの交換ができます。
IMG_1690.jpg

ここまでの手順は↓↓↓↓の動画を御覧ください。







試走→確認→分解→交換→組立→試走→確認→分解→交換→組立→試走→確認→分解→交換→組立→試走→確認→分解→交換→組立→試走→確認→分解→交換→組立→試走→確認→分解→交換→組立→試走と、言った感じに何度もめんどうな作業を繰り返し、最適な燃調バランスにたどり着くのです。

IMG_1692.jpg
おまけ:外は少し錆びてるけど中は生き生きなプラグ写真



マフラーやエアクリーナーの交換はそれほど難しい作業ではありませんが、この燃調は経験根気が必要な作業です。



今回はそんな経験と根気が無い方の少しでもお役に立てたらと、出来上がったセッティング内容を書きます。



ハーレー ツインカム 2005年ダイナ CVキャブ
・SEストリートパフォーマンススリップオンマフラー スラッシュダウン 80493-07
・RSD TURBINE AIR CLEANER 0206-2037-BM

MJ#190→#195
SJ#45→#48
パイロット(ミクスチャー)2回転半戻し






もっと役に立つ記事を書いて欲しいと思った人はこちらをクリックしてください。

バイク(整備・修理) ブログランキングへ









関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

爆音さん

Author:爆音さん
整備やカスタムについて共有しましょう。
現在行っているものや、整備学校時代に撮った写真を使って記事を書きたいと思います。
ハーレーに限らず、バイクを分解整備する時に是非使って頂きたいのが、適切な工具とメーカー発行のサービスマニュアルです。
マニュアルには分解手順、注意点、締め付けトルク、組み立て手順が記されています。
特に、ハーレーのマニュアルはその順序が事細かにかかれていると思います。しかし、日本語のサービスマニュアルがあまり出回っていないのも事実。
ほんの少し、分解整備の手伝いになればと思います。
分解整備は個人の責任に於いて行ってください。

リンク
www.backon.jp
最新記事
カテゴリ
広告
P.R.
月別アーカイブ
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR