ビードの落ちたバイクのチューブレスタイヤに空気を簡単に入れる裏技!!

前々回記事、『スクーターにも愛を!!JOG ポシェのシートが破れている原因!?』に、前回記事、『JOG ポシェのバッテリー交換』に登場したジョグポシェですが、

今回の整備のメインイベントはこちらのパンクです。

完全にタイヤのビードが落ちています。

JOG Poche パンク


走っていて、交差点で曲がろうとしたら突然タイヤが”ふにゃ”っとなった、らしいです・・・・。

このスクーターは、チューブレスタイヤですので、突然”ふにゃ”っとする事は考え難いです。
チューブレスタイヤが突然ふにゃっとなるときは、結構派手なパンクである事が多く、その時には「パン!」の様な音がします。

私は、今回のケースはコーナーにさしかかるまでに既にタイヤの空気は抜けていたと判断しました。
変形したスクーターのホイール


ホイールを見ると、一部変形しています。
空気が入っていない状態で道路の段差に差し掛かって変形したか、何かでしょう。

タイヤのビード部分をよく見ると・・・
ビードの劣化


ズーーーム!!
摩擦で劣化したタイヤ


タイヤのビード部分が摩擦で消耗しています。
これはタイヤがホイールに密着しておらず、空回りしていた証拠!!

ここから、タイヤに空気が入っていない状態でかなりの距離を走行していたと予測できます。


では、原因は!?
タイヤの空気は自然に抜けて行きます。
特に、乗らないで長く置いておいたタイヤの空気は抜け易いです。


バイクのタイヤは少なくとも1ヶ月に1回は空気圧の点検をしてください。


バルブをチェックしていると、バルブのゴム部分が劣化して亀裂が入っていました。
バルブが割れてそこから空気が漏れていたのでしょう。
破損したエアバルブ


変形したホイールから漏れる事もありますが、今回のホイールの変形は空気が入っていない状態で走行し、段差などによって変形したのではないかとおもいましたので空気漏れの直接の原因とは考えませんでした。

変形したホイールは叩いて修正しました。

亀裂の入ったバルブは新品に交換し、

また、リア側のバルブが経年変化で破損しているとすれば、同年代の部品であるフロント側のバルブもそろそろ寿命です。
問題が起きる前に交換しておきました。

この手のバイクのエアバルブはタイヤのビードが落ちていればタイヤをホイールから外さなくてもできます。
バルブを交換したり、タイヤを交換したらエアコンプレッサーを使用して空気を入れる訳ですが、

「ホイールとタイヤの隙間から空気が漏れて、タイヤに空気が入らないのですがどうしたらいいですか?」

と言う、質問を度々受けますので、ビードが落ちた状態のタイヤに空気を簡単に入れる方法を紹介致します。


これです。
タイヤをタイダウンで


タイヤをぐるり、タイダウンで適度に締めます。
これで空気を入れたら簡単に空気が入り、「バン!バン!」と音を立ててビードがホイールに入ります。


タイヤの空気圧、チェックしてみてはいかがでしょうか?


もっと役に立つ記事を書いて欲しいと思った人はこちらをクリックしてください。

バイク(整備・修理) ブログランキングへ













関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

爆音さん

Author:爆音さん
整備やカスタムについて共有しましょう。
現在行っているものや、整備学校時代に撮った写真を使って記事を書きたいと思います。
ハーレーに限らず、バイクを分解整備する時に是非使って頂きたいのが、適切な工具とメーカー発行のサービスマニュアルです。
マニュアルには分解手順、注意点、締め付けトルク、組み立て手順が記されています。
特に、ハーレーのマニュアルはその順序が事細かにかかれていると思います。しかし、日本語のサービスマニュアルがあまり出回っていないのも事実。
ほんの少し、分解整備の手伝いになればと思います。
分解整備は個人の責任に於いて行ってください。

リンク
www.backon.jp
最新記事
カテゴリ
広告
P.R.
月別アーカイブ
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR