安いガソリンホースはバイクに使わないようにしましょう。

忍者AdMax



バイク部品を販売するメーカーも多種多様ですが、


皆様は購入する部品の最終的な判断はどこでしますか?


ここでは、値段の違う2種類のチューニング用サブガソリンタンクを利用して、ガソリンホースについて考えてみたいと思います。



一つ目は某国内有名バイクパーツメーカーが販売しているサブタンクです。

容量は2リッターで4千円弱です。


もう一つは安価な海外製工具を扱うツールカンパニーの販売している物で、


容量は1リットルで約2千4百円です。






あなたならどちらを選びますか?



今回見るのは利便性ではなく、ホースの耐久性です。


どちらも約3年前に新品を購入した物です。





それでは動画でご覧ください。





安い海外製のサブタンクに使用されていたのはもちろん安い海外製のフューエルホースです。




経年変化でカチカチになっています。



こうやってみると笑い話で済みそうですが、こんな品質のホースをバイクに使用して、

走行による振動でホースが割れてガソリンが漏洩し、何かの拍子に引火でもしたら・・・




ライダーはだるまです。



ゴーストライダーは映画の中だけで結構です。


重要な箇所には信頼できる部品を使用しましょう。



もっと役に立つ記事を書いて欲しいと思った人はこちらをクリックしてください。

バイク(整備・修理) ブログランキングへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村










関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

爆音さん

Author:爆音さん
整備やカスタムについて共有しましょう。
現在行っているものや、整備学校時代に撮った写真を使って記事を書きたいと思います。
ハーレーに限らず、バイクを分解整備する時に是非使って頂きたいのが、適切な工具とメーカー発行のサービスマニュアルです。
マニュアルには分解手順、注意点、締め付けトルク、組み立て手順が記されています。
特に、ハーレーのマニュアルはその順序が事細かにかかれていると思います。しかし、日本語のサービスマニュアルがあまり出回っていないのも事実。
ほんの少し、分解整備の手伝いになればと思います。
分解整備は個人の責任に於いて行ってください。

リンク
www.backon.jp
最新記事
カテゴリ
広告
P.R.
月別アーカイブ
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR