簡単に配線をハンドルパイプに中通しする裏技

忍者AdMax



トラブルがあったときにめんどくさいですが、すっきりさせるために配線をハンドルやフレームの中に通したい人はたくさんいると思います。
まっすぐなパイプや緩やかなカーブのパイプに通すときはいいんですが、やたらカクカク曲がったパイプや大きい穴から小さい横穴へ通すときは結構イライラする地道な作業となります。

イライラせずに配線をパイプの中に通したい!!

そんな方に配線通しの方法のひとつとして、この方法を紹介したいと思います。

この方法ではエアーコンプレッサーが必要となりますが、配線中通しをしたい!!と考えてやろうとしている人はコンプレッサーを持っているでしょう。という想像の元進めます。
DSCF4007.jpg



初めの作業は配線が迷わないようにするために出口と入り口以外の穴をふさぎます。
写真ではキャップのようなものを使っていますが、ビニールテープなどでふさいでください。
DSCF4005.jpg



充分な長さの細い紐を用意します。
タコ糸程度の太さと強さのあるものがいいと思います。
普通のタコ糸は先がばらばらになってしまうので、化学繊維を編んで作ったような糸があれば最適です。

長さは充分すぎるほどあっても問題にはならないので、ギリギリは避けて長めにとりましょう。
DSCF4006.jpg



紐の一端をしっかり持ち、もう一端をパイプの入り口に突っ込みます。
もうひとつ、入り口にエアーガンの噴出口を突っ込み空気を送ります。
DSCF4009.jpg





通したいコードの端に紐をくくりつけます。
たくさん通したい場合はまとめてしまってもよいです。なるべくコードの端っこに、外れてしまわないようにしっかりくくりつけるのがポイントです。

紐を引っ張るときは無理に引っ張らず、コードを送りながら少しずつ引っ張るのがコツです。

グイ~ッという感じではなく、くいっくいっという感じです。
DSCF4013.jpg



でた!!
DSCF4014.jpg


今回はわかりやすくするためにハンドルを外して行いましたが、空気は入り口から出口まで、進みやすいほうにすすむので、ハンドルをつけたままでも出来ますし、この方法は針金を通すより自由度が高いです。

また、針金等の場合、最終的にラジペン等で引っ張り出す必要がありますが、穴 がラジペンより小さい場合はイライラです。
その点でもこの方法は有利ですので是非お試しください。


もっと役に立つ記事を書いて欲しいと思った人はこちらをクリックしてください。

バイク(整備・修理) ブログランキングへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村










関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

爆音さん

Author:爆音さん
整備やカスタムについて共有しましょう。
現在行っているものや、整備学校時代に撮った写真を使って記事を書きたいと思います。
ハーレーに限らず、バイクを分解整備する時に是非使って頂きたいのが、適切な工具とメーカー発行のサービスマニュアルです。
マニュアルには分解手順、注意点、締め付けトルク、組み立て手順が記されています。
特に、ハーレーのマニュアルはその順序が事細かにかかれていると思います。しかし、日本語のサービスマニュアルがあまり出回っていないのも事実。
ほんの少し、分解整備の手伝いになればと思います。
分解整備は個人の責任に於いて行ってください。

リンク
www.backon.jp
最新記事
カテゴリ
広告
P.R.
月別アーカイブ
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR