スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HONDA CRF230F のエンジンを分解して中を見てみよう! #2 圧縮行程の確認

この記事は「HONDA CRF230F のエンジンを分解して中を見てみよう! #1」の続きです。
この記事からご覧になられている方は#1からスタートしてください。

4.タペットカバーを外し、クランキングさせ、バルブスプリングフリーになるところ(圧縮行程)を探す。
HONDA CRF230F タペットカバー取り外し

ヘッドに二つあるタペットカバーを外します。
タペットカバーを外すと、タペットが確認できます。
HONDA CRF230F タペット

この状態でフライホイールを前向きに(通常のエンジン動作方向に)回転させるとタペットが上下するのがわかります。

タペットの上部が一番沈んでいる時がバルブスプリングがフリー(無負荷)の状態です。

この時、タペットとバルブの間には少し隙間があるのでわかると思います。(少しカタカタしている)

HONDA CRF230F 圧縮行程探し


2つあるタペットが両方フリー(無負荷)状態にあるときが、エンジン作動工程の圧縮行程です。

エンジンの、分解、組み立ては必ずこの”圧縮行程”で行います。

#3へ続く


もっと役に立つ記事を書いて欲しいと思った人はこちらをクリックしてください。

バイク(整備・修理) ブログランキングへ








スポンサーサイト
プロフィール

爆音さん

Author:爆音さん
整備やカスタムについて共有しましょう。
現在行っているものや、整備学校時代に撮った写真を使って記事を書きたいと思います。
ハーレーに限らず、バイクを分解整備する時に是非使って頂きたいのが、適切な工具とメーカー発行のサービスマニュアルです。
マニュアルには分解手順、注意点、締め付けトルク、組み立て手順が記されています。
特に、ハーレーのマニュアルはその順序が事細かにかかれていると思います。しかし、日本語のサービスマニュアルがあまり出回っていないのも事実。
ほんの少し、分解整備の手伝いになればと思います。
分解整備は個人の責任に於いて行ってください。

リンク
www.backon.jp
最新記事
カテゴリ
広告
P.R.
月別アーカイブ
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。