スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破れたシートのカバーを張り替えましょう。

大切にガレージ保管されている車両ならまだしも、過酷な状況で長年酷使される車両につきものなのがシートの破れです。

特に、カブやスクーター等は雨風にさらされる事が多く、年月が経つとパリパリと、硬化したシートカバーが割れてきて破れてしまいます。

シートがボロいと車体自体がすごくボロく見えますよね。

新品に交換する程でもないけど・・・・。

というようなときはシートカバーの張り替えに挑戦しましょう!!

必要なものは、

・交換用シートカバー
・タッカー
・ペンチ
・マイナスドライバー
・セーフティーゴーグル
・その他、シートの脱着に必要な工具


今回はマジェスティー125の背もたれ部分を例にとって進めてみましょう。

これです。
IMG_1925m.jpg

かなりボロボロです。
しかも、かなり長期にわたってボロボロ状態で使用されていましたので、剥き出しになっている所の中のスポンジが削れて減っています。

IMG_1926m.jpg

裏返すと、シートカバーはタッカー(ホッチキス)でとめてあります。
これを、ペンチ等で引っこ抜いて外します。
つかみ難くすべってしまうときは、マイナスドライバー等を突っ込んで浮かせて引っこ抜きます。
IMG_1927m.jpg

ここまでボロくなっているシートのタッカーは大概錆びているので簡単には外れない事の方が多いです。
ムキになって力任せにやると折れたタッカーの針がぶっ飛んできたりするので、安全のためセーフティゴーグルを着用しましょう。



タッカーの針が外れたらボロボロのシートカバーを脱がせます。
IMG_1929m.jpg
裸になったシート。

剥き出しになっていた部分が削れて痩せてます。

新しいシートカバーを被せます。
IMG_1930m.jpg
シートカバーを引っ張り過ぎないように、スポンジを押し縮めながら丁寧に被せましょう。
シートカバーが被さったら、タッカーを打ち込んで固定して行きます。
コツはシートカバーを少し引っ張りながら先ず基準となる位置を固定します。
そしてその次はその対角線上、つまり向かい側をシートがピンと張るように引っ張りながら固定します。

次はその2点の十字方向、つまり、おおよそ90°ズレたところを引っ張って固定します。
後は順番に引っ張りながら固定しましょう。
IMG_1932m.jpg

固定に使用するタッカーですが、エアー式と手動式があります。
エアー式の方が強力で、使用するのに力が要らないので楽です。
手動式はタッカーを打ち込む力が弱く、また、タッカーをしっかり押さえて打ち込まないと失敗しますので、少し難しいです。
私が使っているのはこれです。


6mmの針も付いてます。

手動なら、これ。

安物タッカーは針が入って行かないので使用できません。
イライラするだけです。


外れないように針を打ち込んだら完成。
IMG_1934m.jpg

今回のシートは中身が減っていましたので、そのままシートカバーを張り替えた結果、痩せてた部分にたわみができてしまいました。
指で押せば凹みます。
IMG_1935m.jpg

足しても良かったのですが、今回は手軽にという事で、OKとします。
1枚目の写真と比べると、かなりいい。

シート張り替えは敷居が高そうに思えますが、そんなに難しい作業ではありません。
失敗してもやり直しがききます。

シートが破れたスクーターに乗っている方には是非トライしてみて欲しいです。


張り替え用シートカバーはこちらから!!

『シートカバー』で検索!!

バイク用品&インプレッションウェビック




やっぱりちょっと私にはできそうにないな・・・
という方には、

HONDA ホンダ/シートカバー

HONDA ホンダ/シートカバー Super


純正品だけあって、フィット感は完璧です。(カブ用)


もっと役に立つ記事を書いて欲しいと思った人はこちらをクリックしてください。

バイク(整備・修理) ブログランキングへ










スポンサーサイト
プロフィール

爆音さん

Author:爆音さん
整備やカスタムについて共有しましょう。
現在行っているものや、整備学校時代に撮った写真を使って記事を書きたいと思います。
ハーレーに限らず、バイクを分解整備する時に是非使って頂きたいのが、適切な工具とメーカー発行のサービスマニュアルです。
マニュアルには分解手順、注意点、締め付けトルク、組み立て手順が記されています。
特に、ハーレーのマニュアルはその順序が事細かにかかれていると思います。しかし、日本語のサービスマニュアルがあまり出回っていないのも事実。
ほんの少し、分解整備の手伝いになればと思います。
分解整備は個人の責任に於いて行ってください。

リンク
www.backon.jp
最新記事
カテゴリ
広告
P.R.
月別アーカイブ
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。